Challenge Cup Japan 2017 東日本大会に出場

弊社サービスStoQが、Challenge Cup Japan 2017 東日本大会に出場


株式会社ウォーカー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伊東雄歩)は、個々人の忘却曲線を人工知能が算出するシステム「StoQ」でChallenge Cup Japan 2017 東日本大会に出場したことを発表いたします。

Challenge Cup Japan 2017とは

チャレンジカップは、1776(グローバルインキュベーター・シードファンド)が主催するビジネスコンペティションです。
社会課題を解いて世界を良くするという大きな野望を掲げるスタートアップを世界中から集め、それぞれのビジネスを競い合う大会です。

「StoQ」とは


「StoQ」は、ユーザー個々の忘却曲線を算出し、それにもとづき、記憶定着度が強くなると想定されうるタイミングで復習をリマインドするeラーニングシステムです。

「StoQ」概略

新商品名:StoQ
ジャンル:e-ラーニングシステム
価格:基本利用無料(サービス内課金あり)
発売日:2017年8月1日
「StoQ」についての詳細はこちら:https://www.stoq.jp/

株式会社ウォーカーについて


ソフトウェア及びAI開発を行っているIT企業。

株式会社ウォーカー
社名:株式会社ウォーカー
本社所在地:東京都千代田区
代表者:代表取締役社長 伊東 雄歩
URL:https://www.walker.co.jp/

お問合せ先

電話番号:09058186198
受付時間 毎日11:00〜20:00(日曜日を除く)
e-mail: contact@walker.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です